診療案内

Let's Prevention!(予防から始めよう!)

病気を治す上で最も大切なことは、病気の原因を取り除くこと。歯科の場合では、まずムシ歯や歯周病の原因である細菌を取り除くことです。いいかえれば、口の中を細菌のいないクリーンな環境に変えることが大切です。つまり、Let's Prevention!(予防から始めよう!)ここから全ての治療が始まります。

ムシ歯になった歯が、自然には治らないように、一度削った歯は、もう二度と元にはもどりません。そのため、安易に削りたくありませんし、削らなければならないときでも、しっかり予防できていることが大切です。

ブリッジや義歯を入れるのも、放っておくと残っている歯が悪くなったり、あごの関節や身体の調子まで悪くなるのを予防するためで、ただ単に噛めるようにするためだけではないのです。

悪いところを治すのは医師の役目ですが、一番良いのは自分自身が医師と一緒に、口腔内の健康に気をつけることです。なによりも予防が最高の医療なのですから。

なぜ、ムシ歯になるのですか?

ムシ歯の病原菌といわれるストレプトコッカス・ミュータンスは、普段から口の中にいる細菌です。この細菌は、口の中に残った食べかす、特に糖分を栄養源にして酸を作ります。この酸が歯面に付着し、さらにストレプトコッカス・ミュータンスも付着させます。そして、歯の表面を分解して穴をあけ、ムシ歯にするのです。

では、ムシ歯にならないために・・・
  1. (1)細菌の量を減らすのに最大の効果を発揮する歯ブラシも、きちんと磨かなければ病気が生じます。正しいブラッシングの法の指導を受けましょう。
  2. (2)飲食の回数が多いと、歯の表面は酸性になりっぱなしで、口は休まる暇がありません。だらだら間食はやめましょう。
  3. (3)ムシ歯は自然治癒しませんが、症状が軽い場合、予防をしっかりすることで進行を食い止めることはできます。安易に削らず、まずは予防をして様子をみましょう。

なぜ、歯周病になるのですか?

歯周病

歯周病(歯ソーノーロー)は、歯を支えている骨がとけたり、歯と骨をつなぎとめている歯根膜がなくなったりする病気です。それは、歯垢(プラーク)の中の細菌が原因で、歯肉に炎症がおこり、歯を支えている骨がとけだし、その結果、歯ぐきからウミや血が出て、ついには歯がグラグラしたり、抜けてしまうこともあります。

では、歯周病にならないために・・・
  1. (1)病気の原因となる歯垢を歯につけないよう正しいブラッシング法の指導を受けましょう。
  2. (2)歯石がついてしまったら、歯ブラシなどで取ることはできません。歯周病の原因となるので、早めに専門の医院で取ってもらいましょう。

▲ページトップ

 

  

次のページ